西城秀樹さん最新情報 New!!

2009年10月27日

離婚、引退します!酒井被告が泣きじゃくり宣言

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元女優、酒井法子被告(38)の初公判が26日、東京地裁で行われた。起訴事実を全面的に認めた元トップアイドルは、覚せい剤を勧めた夫で同罪の高相祐一被告(41)に決別宣言! 「離婚して…お互いに…更生する努力が必要だと思います」と号泣しながら覚悟を語った。今後については「福祉、介護の勉強をしたい」と芸能界引退を初めて言及。検察側は懲役1年6月を求刑し、即日結審した。11月9日に判決が言い渡される。

 髪を後ろでまとめ、黒のジャケット&スカートで法廷に立った酒井被告に、かつてのトップアイドル、のりピーの面影はなかった。

 「私としては、離婚して…お互いに…更生する努力が必要だと思います」

 証言台に立った酒井被告は、弁護人質問で高相被告との決別を嗚咽まじりに、はっきりと口にした。

 取り調べ時の「夫と息子と3人で暮らしたい」という供述から一変。薬絶ちの“証拠”として、入手ルートでもある覚せい剤漬けだった夫との別離を前面に押し出した。初公判で、夫婦生活の継続を望んだ高相被告とは対照的だった。

 検察側質問で「祐一さんと離婚するの?」と念押しされた際も、酒井被告は「主人とは今(保釈中で)話すことができていないので、話し合った上で決めたい」とトーンダウンしたものの、離婚の意志は揺らがなかった。

 法廷での“決別宣言”は離婚にとどまらない。

 「今後は母の介護をしていきたい」と肺がん手術を受けた継母に尽くす決意を語り、さらに「福祉、看護、介護を勉強して、今後の仕事や生活に取り組んでいけたら」と今後の生活の糧として、介護の仕事を選ぶことを初めて吐露。芸能界引退の決意を示した。

 午後1時半から始まった法廷では、冒頭で起訴事実を全面的に認めた。

 「だいたい主人と使っていました」。覚せい剤に手を染めた理由について、弁護人質問で「4年前ごろ、夫に『スッキリするもの』と勧められて。自分が未熟でした」と明かした。

 本業の女優ではなく、慣れない音楽番組の司会に挑戦していた昨年夏に薬物を再開し、月1〜2回使用するほど常習になったことも素直に話した。当時を振り返り、「生活のリズムが乱れ、肉体的にも精神的にも疲れが取れるので、好奇心でやってしまった。私は周りに期待されると頑張りすぎるので…」と“自己分析”した。

 弁護人から「言いたいことは?」と促されると、「悪いのは私。本来、夫から覚せい剤を引き離すのが私の役目でした。本当に申し訳ありません」と法廷に響く声で改心をアピール。検察官とのやりとりでも、か細い声ながら「大変、軽率で反省しています。心の弱さがありましたが、今は一切やることはない」と強調した。

 最後に裁判官から、離れて暮らしている長男(10)について聞かれ、「子供には一番、悲しい思いをさせました。恥ずかしくない母親になるために一生懸命頑張ります」と涙ながらに語った。

 1時間の予定だった初公判は50分もオーバー。離婚、引退で更生を誓った酒井被告に検察側は1年6月を求刑し、即日結審した。一般人に戻り“さよなら、のりピー”の決断を下した元トップアイドルは11月9日、法廷で判決を待つ。

ナイキ ランニング 通販徹底比較
ナイキ 時計 のお買い得情報
ナイキ ダンク 通販 の格安通販
ダウンジャケットの通販情報
ダウンジャケット メンズ 2007 の激安通販サイト
posted by スター秀樹 at 11:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

宅八郎氏書類送検へ

兵庫県警東灘署は23日、インターネットの交流サイト・ミクシィで知人を殺すなどと書き込んだとして、評論家の宅八郎氏(47)を脅迫容疑で書類送検する。

 捜査関係者によると、宅氏は、ネット上で神戸市の音楽評論家の男性(54)に、アニメやアイドルタレントに傾倒する「アキバ系」と評されたことに腹を立て、3月、男性の名を挙げて「ブッ殺します」などと書き込んだ疑い。

ナイキ スニーカー の通販在庫
adidas ジャージ 上下
adidas ジャージ オリジナル
adidas ジャージ 復刻
adidas ジャージ ストライプ
posted by スター秀樹 at 08:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ショック!!エコナの中に発がん物質の可能性が

花王は8日、9月から出荷・販売を自粛していた「エコナクッキングオイル」などエコナ関連製品について、特定保健用食品(特保)の認定を返上した。特保の表示許可の失効届を同日、消費者庁に提出した。製品に含まれる「グリシドール脂肪酸エステル」という成分が発がん性物質に変化する可能性を指摘されているためで、花王は今後、この成分を一般食用油の水準まで低減させた新製品を、新規に特保として申請する。
 花王によると申請時期は、提出データが多岐に渡るため「現時点では未定」(広報部)。従来製品の生産は既に停止している。当初は来年2月の再出荷を目指していたが、特保の許可認定には1〜5年程度かかることから、「新生エコナ」の発売時期は大幅にずれ込みそうだ。
 エコナをめぐっては、グリシドール脂肪酸エステルが一般食用油の10倍近く含まれていることが判明し、食品安全委員会が安全性を審議中。消費者庁も8日、エコナ関連製品の特保の表示許可を再審査すると発表した。ただ、花王が許可失効届を提出したため、再審査は見送られ、新製品の申請を待つことになった。 
 

群馬サファリパーク 旅行ガイド エコバッグ人気ランキング 有田焼 柿右衛門通販大特集 有田焼通販人気ランキング
posted by スター秀樹 at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。